メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

税調取材日記

「×をせめて△に!」 センセイたちが悲鳴を上げる理由は? 廊下では業界団体が聞き耳

税制改正の流れ

 「地方税を守ってください!」「お願いします!」。12月2日午後の自民党本部9階は異様な熱気に包まれていた。満員電車並みの人混みとなった廊下では、エレベーターから降りてきた議員に、業界団体の関係者らがプラカードを掲げたりビラを渡したりしながら声を張り上げていた。【藤渕志保】

 この日行われたのは、自民党税制調査会の小委員会、通称「平場」(ひらば)で各省庁や業界からの税制改正要望を一つ一つ査定する「マルバツ審議」。税制改正議論のヤマ場の一つだ。会場に各省庁や地方自治体、業界の関係者が詰めかけたのは、要望の査定結果をいち早く知るためだけではない。自らの主張を査定に反映させようと、出席議員に念押しするためだ。

 会合前の会場の熱狂は、前任者に聞いていた以上だ。私は人混みから少し離れた場所におり、黒山の人だかりで議員の姿は捉えられなかった。だが、叫び声のタイミングで誰かが来たことだけは分かった。なんとしても要望を通したいという気迫がすさまじい。

 一部の関係者は、1階ロビーで待ち構えていた。9階の混乱を避け、議員らが党…

この記事は有料記事です。

残り1481文字(全文1941文字)

藤渕志保

2014年入社。甲府支局、北海道報道部を経て、18年4月から経済部。19年10月に財務省主税局・国際局を担当し始める前は、消費税増税や軽減税率の導入で対応を迫られた流通や外食、ビールや保険業界など、税と関わりの深い業界を担当してきた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  5. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです