メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米、貿易協定第2弾「来年早期に日本と協議」 牛豚肉関税「米国の大勝利」

米国国旗の星条旗=2018年1月、高本耕太撮影

 米通商代表部(USTR)は4日、日米貿易協定が国会で承認されたことを受け、「両国政府は、より幅広い分野の協定交渉入りに向けた協議を来年の早い時期に始める」と発表した。サービス分野などを含む「第2弾交渉」に意欲を示した。

 ライトハイザー代表は声明で「重要な協定を承認した日本側の迅速な行動を称賛したい」と述べた。トランプ大統領が来週に協定内容を実行に移す文書に署名する見通し。米側も手続きを進め来年1月1日に発効する。

 今回の協定が発効すれば…

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文414文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 「離さへん!」再現 朝ドラ「スカーレット」舞台で松下洸平さんトークショー

  5. ネットバンクの不正送金被害が急増 「フィッシング」組み合わせた新しい手口目立つ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです