メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中村さんは「アフガンの偉大な友人」 悲しむカブール市民、銃撃を非難

4日、アフガニスタン東部ナンガルハル州ジャララバードで銃撃され、死亡した中村哲さんを追悼する人たち=ロイター共同

 「アフガニスタンの偉大な友人」――。福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表の医師、中村哲さんが銃撃され死亡したことを受け、アフガンの首都カブールでは市民から悲しむ声が上がった。ツイッターには中村さんの貢献に感謝するメッセージがあふれ、事件を非難する投稿も目立った。

 「アフガンのために多大な力を尽くしてくれた」「いつまでも私たちの心にいる」。中村さんが活動していたアフガンやパキスタンにゆかりがあるとみられる人々らは、中村さんが活動する様子を収めた写真を付けて投稿し哀悼の意を示した。

 カブールで中村さんを知る人は多く、30代の男性、ムシュタク・ラヒムさんは「中村さんは…

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文514文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 「離さへん!」再現 朝ドラ「スカーレット」舞台で松下洸平さんトークショー

  5. ネットバンクの不正送金被害が急増 「フィッシング」組み合わせた新しい手口目立つ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです