メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーFC伊勢志摩 ユニホームに「ベビースター」 おやつカンパニーとパートナー契約

ホシオくんをはさみ、来シーズンの活躍を誓う小倉隆史理事長(左から2人目)と手島文雄社長(右から2人目)=津市の都シティ津で2019年12月4日午後2時34分、田中功一撮影

[PR]

 サッカー東海社会人リーグ1部の「FC伊勢志摩」(三重県志摩市)は4日、2020年シーズンに食品メーカー「おやつカンパニー」とオフィシャルトップパートナー契約を結ぶと発表した。同年3月に契約し、FC伊勢志摩の新ユニホームに、同社の「ベビースター」の文字とマスコットキャラクターの「ホシオくん」のイラストが掲載される。

 津市のホテルで記者会見したFC伊勢志摩の小倉隆史理事長は、今シーズンはリーグ2位に終わり、今シーズンの目標にしていたJFL(日本フットボールリーグ)に昇格できなかったことに触れ、「ベビースターを知らない人はいない。それに見合うだけのクラブにならないといけない。良いプレッシャーに変えて、目標達成に向けて気を引き締めたい」、金守智哉監督は「強力なサポートはうれしい。来シーズンはぶっちぎりで昇格を果たしたい」と述べた。

 おやつカンパニーの手島文雄社長は「FC伊勢志摩のキャッチフレーズ『挑戦するから笑顔になれる』は当社の挑戦の歴史と相通じるものがある。FC伊勢志摩とともに地域社会に貢献できる企業を目指したい」と話した。【田中功一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 「離さへん!」再現 朝ドラ「スカーレット」舞台で松下洸平さんトークショー

  5. ネットバンクの不正送金被害が急増 「フィッシング」組み合わせた新しい手口目立つ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです