メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見せしめで襲撃か 北九州・女性切りつけ 工藤会幹部ら5人、傷害容疑で逮捕 福岡県警

福岡県警本部=福岡市博多区で

 北九州市八幡西区で2014年7月、女性会社員(当時48歳)が刃物で襲われた事件で、福岡県警は5日、特定危険指定暴力団「工藤会」の幹部で傘下組織組長の本田三秀容疑者(63)=同区=や組員ら計5人を傷害容疑で逮捕した、と発表した。

 女性会社員は港湾開発に影響力を持つ市漁協組合の男性幹部が経営する土木工事関連会社に勤務し、事件前には漁協関係者への襲撃事件が相次いでいた。県警は港湾利権への介入を狙った工藤会が一連の事件を起こしたとみて、同会トップの野村悟被告(73)=殺人罪などで公判中=ら上層部の関与を視野に全容解明を進める。

 他に逮捕されたのは、組幹部、山元信二(60)▽同、田渕伸行(のぶゆく)(47)▽組員、宮本光陽(39)▽無職、守永竜二(50)――の4容疑者。

 逮捕容疑は共謀し、14年7月25日午後10時過ぎ、八幡西区のマンション駐車場で女性会社員を刃物のような凶器で襲い、加療約2週間のけがをさせたとしている。県警は5人の認否を明らかにしていない。

 捜査関係者によると、襲撃したのは2人組で、女性会社員が自宅に向かうため車を降りた直後に背後から襲い、肩と腰を刺した後…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 「離さへん!」再現 朝ドラ「スカーレット」舞台で松下洸平さんトークショー

  5. ネットバンクの不正送金被害が急増 「フィッシング」組み合わせた新しい手口目立つ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです