メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海自2等海曹が子どもに暴行、子ども自ら110番 停職処分 京都・舞鶴

護衛艦「ひゅうが」=京都府舞鶴市で2019年12月5日午前10時50分、行方一男撮影

 海上自衛隊舞鶴地方総監部は5日、素手で自分の子どもを殴ったとして、護衛艦「ひゅうが」所属の30歳代の男性2等海曹を停職20日の懲戒処分にしたと発表した。処分は同日付。子どもの年齢や性別は特定されるとして公表していない。

 総監部によると、2曹は昨年12月7日午後10時半ごろ、京都府舞鶴市の自宅で、日…

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文374文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  4. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです