メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支え合う「移民時代」

在日外国人「客扱いでなく共同体への貢献求めよう」八王子の企業経営者、デレック・ウェスマンさん

神棚と地元・八王子市の地図があるオフィスで執務するデレック・ウェスマンさん=東京都八王子市で2019年11月26日午前10時23分、和田浩明撮影

 「在日外国人をお客として『おもてなし』するのではなく、共同体の一員として貢献を求めてほしい」。そう日本社会に呼び掛けるのは、東京都八王子市在住の企業経営者、デレック・ウェスマンさん(40)だ。日本に腰を据えて15年。国会議員秘書や町会の書記を務め、消防団にも参加、50万人以上が訪れる「八王子いちょう祭り」の実行委員長でもある。日本人と外国人はどう付きあうべきか。体験に基づく提言を聞いた。【和田浩明/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2963文字(全文3178文字)

和田浩明

1991年4月入社。英文毎日編集部、サイバー編集部、外信部、大阪社会部を経て2003年10月から08年3月までワシントン特派員。無差別発砲事件、インド洋大津波、イラク駐留米軍や大統領選挙を取材。09年4月からはカイロに勤務し、11年1月に始まった中東の民主化要求運動「アラブの春」をチュニジア、エジプト、リビア、シリア、イエメンで目撃した。東京での中東、米州担当デスク、2度目のワシントン特派員などを経て2019年5月から統合デジタル取材センター。日本社会と外国人住民やLGBTなどの今後に関心がある。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の「森進一」に成り済まし給付金詐取 同姓同名の被告、起訴内容認める

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  4. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  5. 「口先だけの謝罪」足立区議へ残る批判 自民は幕引き図る LGBT差別的発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです