メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

7重跳びギネス森口さん、児童にコツ伝授「リズム覚えることが近道」 京都・伊根

縄跳びを教える森口明利さん=京都府伊根町の本庄小で2019年12月3日午後2時0分、安部拓輝撮影

 縄跳びのプロとして7重跳びのギネス世界記録を持つ森口明利さん(30)が3日、京都府伊根町の本庄小を訪れ、児童20人に縄跳び教室を開いた。福井出身の森口さんは京大の縄跳びサークルで活動する中で縄跳びに魅せられ、昨年に会社を辞めて独立。新記録に挑みながら全国の子どもたちに縄跳びがうまくなるコツを教えている。

 まずは縄の持ち手。リモコンのボタンを親指で押すように握ることが大切で、手首で回すよりも腕全体を小さく回す方が良いという。2重跳びを上達するには、まず前跳びを10秒で20回跳べるようになることが第一歩。足の下で縄が地面に触るように回すことが肝心だ。次は縄なしでジャンプ。跳んでいる間に手で太ももを2回たたいてみる。それができたら縄を片腕だけで持って早く回す練習をする。森口さんは「スモールステップでリ…

この記事は有料記事です。

残り111文字(全文464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「俺コロナだけど」 ドラッグストアの業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  2. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

  5. 「歌舞伎町のホスト、名古屋への出張営業」 情報拡散 店が愛知県知事に釈明し謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです