メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外アーモンドアイ2着 史上初8冠逃す 安田記念

色あせた旧満州国国旗が語る敗戦の日、帰国までの苦難 北九州平和資料館

 1932年に日本が中国東北部で樹立したかいらい国家「満州国」の国旗の「現物」が、北九州市若松区の北九州平和資料館で展示されている。資料館で案内役を務める小野逸郎さん(84)=同市=は、中国からの引き揚げ者だった。終戦の日にかの地で見た光景を思い浮かべては「戦争の惨禍をさかのぼると『満州』に行き着く」と語り、色あせた国旗を見上げた。

 戦時中、旧満州への玄関口、中国・大連に住んでいた。10歳だった74年前の夏の午後、街中へ出ると、よく目にしていた旧満州国旗に代わり、商店や行き交う自転車、通りの各所に大小さまざまの「青天白日満地紅旗」がはためいていた。日本と交戦中だった中華民国の旗。夜、帰宅した父から「日本が負けた」と告げられ、街頭の光景の意味を知った。8月15日だった。

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文1082文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペナルティのワッキーさん、中咽頭がん治療のため一時休養

  2. 匿名の刃~SNS暴力考 ブス、ばか…はるかぜちゃんが受け続けてきた悪意 選んだのは「訴訟」

  3. 「アベノマスク」どう使う? 宮城の配布率20~30%「宣言解除後に届いても…」

  4. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  5. ポストコロナの世界 「人生は富を築くだけのものなのか」 “世界一貧しい”元大統領がコロナ禍で問う価値観

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです