メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野良猫12匹が気ままに暮らす宿、評判に 愛知・蒲郡の西浦温泉

「猫宿」で猫たちの世話をする渡辺さん=愛知県蒲郡市で2019年12月3日、大野友嘉子撮影

 愛知県蒲郡市の西浦温泉の女性限定旅館「姫宿 花かざし」に、「猫宿 はなはな」がオープンした。女将(おかみ)の渡辺栄子さん(69)が、保護した野良猫12匹を別棟の一室に住まわせ、訪れた客を和ませると評判だ。【大野友嘉子】

 かつて飲食店だった約200平方メートルの広々とした空間を猫たちが縦横無尽に走り回る。キャットタワーやこたつが置かれ、12匹は気ままに暮らしている。「人に寄って行く子もいれば、ソファの隙間(すきま)に隠れる子もいる。ありのままの姿の猫を見てもらいたい」と渡辺さん。

 きっかけは2年ほど前、従業員出入り口を訪れた野良猫の「はなちゃん」だ。渡辺さんが餌をあげると、3匹の子猫を連れて来るようになった。その子猫が子を産み、12匹に増えた。野良猫を増やしてしまった責任を感じ、渡辺さんは猫たちを保護しようと思った。

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文850文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  4. 「首相、今井、佐伯で決めていたやり方がらっと変わる」 キャリア官僚の本音 菅政権で沈む省庁

  5. 安倍前首相の師、加藤節さんが嘆く哲学の欠如 前政権で始まった「政府の暴走」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです