メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

与野党功名争い いらだち矛先は文科省に 国語・数学記述式問題延期検討

文部科学省=東京都千代田区で

 政府が英語民間試験に続き、国語と数学の記述式問題についても大学入学共通テストでの導入延期の検討に入った。野党各党は記述式問題の見直しを主張してきたものの、見直し検討の動きは「公明党主導」を印象づける形となっているだけに、野党側は「功績」の強調に躍起となった。

 立憲民主と国民民主、共産、社民の野党4党は5日、国会内で記述式問題の導入に関する合同ヒアリングを開催した。

 「野党からも国会の集中審議などで指摘、提言をずっとしている。遅ればせながら公明党からも提言があり、これらを受け止めて考えていくのか」(立憲・川内博史衆院議員)

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文922文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  2. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  3. 「緊急事態宣言解除」 諮問委が了承 西村担当相「実施する必要なくなった」

  4. 特集ワイド 乱世で「小池劇場」再び 風読みコロナ対応次々、好感度上昇

  5. 無言の抵抗の思いとは?医療従事者100人、ベルギー首相に背を向け「冷たい歓迎」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです