メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

羽生、練習で大技4回転ルッツ成功 フィギュアGPファイナル

フィギュアスケートGPファイナル開幕前日、公式練習に臨む羽生結弦=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2019年12月4日、貝塚太一撮影

 フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ上位6人、6組によるGPファイナルは5日(日本時間6日未明)、イタリア・トリノで開幕する。4日は公式練習が行われ、男子で5回目の優勝を狙う羽生結弦(ANA)は4回転ルッツを成功させるなど4種類の4回転ジャンプを跳んだ。4回転でアクセルに次いで難易度の高いルッツは、公式戦で成功すれば羽生にとって2017年のロシア杯以来となる大技。羽生は練習後、「感触は良かった」と話し、好調ぶりをうかがわせた。

 羽生は、公式練習で真っ先にリンクに入った。1本目の4回転ルッツはタイミングが合わずに回転不足だったが、2本目は高さがあり、余裕のある着氷だった。ループは転倒があったが、サルコウ、トーループと計4種類の4回転ジャンプを跳び、4回転―3回転やトリプルアクセル(3回転半)の連続ジャンプも確認した。

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文814文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  3. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  4. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです