パ本塁打王の西武・山川、年俸2億1000万円でサイン「森に勝ったのでうれしい」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
契約更改後の記者会見で笑顔を見せる西武の山川穂高=埼玉県の球団事務所で2019年12月5日午後4時17分、生野貴紀撮影
契約更改後の記者会見で笑顔を見せる西武の山川穂高=埼玉県の球団事務所で2019年12月5日午後4時17分、生野貴紀撮影

 2年連続でパ・リーグの本塁打王となった西武の山川穂高内野手(28)が5日、契約更改交渉に臨み、1億円増の年俸2億1000万円でサインした。前日に同期入団の森友哉捕手が2億円で更改しただけに「森に勝ったのでうれしい」と声を弾ませた。

 今季は43本塁打でタイトルを獲得したものの、「全然だめだった」と言う。開幕から打撃の感覚がずれ、「直球をはじき返せなかった。打者として致命的。打撃フォームも100回く…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文501文字)

あわせて読みたい

ニュース特集