メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球選手会「労組」と「社団」が会合 「若くなった」要職者の顔ぶれガラリ

労組日本プロ野球選手会の定期大会に出席した12球団の選手たち=大阪市中央区のホテルで2019年12月5日午後0時2分、伝田賢史撮影

 労組日本プロ野球選手会の定期大会と、野球教室など公益事業を行う一般社団法人日本プロ野球選手会の総会が5日、大阪市内のホテルで開かれ、球界のさまざまな課題を話し合った。毎年恒例の会合だが、今年は要職者の顔ぶれが大きく変わった。

 一般社団法人では、2期4年務めた大島洋平理事長(中日)に代わり、松田宣浩新理事長(ソフトバンク)が就任。大島理事長は任期の間、未就学児が野球に触れる機会を作るため、幼稚園訪問事業などを実現した。「将来、野球に興味を持ってもらう活動を始めたが、すぐに効果が出る活動ではない。これからも続けてほしい」と訴え、「松田さんは球界を代表するムードメーカー。日本の野球界を明るくしていくのはもちろん、将来の野球界も明るくしてほしい」と期待した。これを受けて松田新理事長は「とにかく明る…

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文875文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. 「桜を見る会」招待者内訳の調査記録作成せず 菅氏「対象者少数だったので」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです