メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競泳日本代表「念願」 国内初の高地プールで合宿 長野

高地トレーニングに励む渡辺一平=長野県東御市で2019年12月5日午後6時13分、村上正撮影

 競泳の日本代表チームが5日、標高1750メートルの長野県東御(とうみ)市の湯の丸高原で行っている合宿を公開した。来夏の東京五輪・パラリンピックに向け、10月に国内初となる高地の競泳用プールが完成したばかりで、選手たちは「国内で高地トレーニングができるのは念願だった」と喜んだ。

 プールは8レーンを備えた50メートルの長水路。約3000平方メートルの鉄骨平屋建ての屋内運動施設内に設置され、ウエートトレーニング場もある。陸上の400メートルトラックなどを併設しており、「水陸両用」で高地トレーニングに取り組める。

 初の代表合宿は先月25日から始まった。7月の世界選手権男子200メートル平泳ぎで銅メダルを獲得した渡辺一平(トヨタ自動車)は「平地と変わらない練習メニューで調子が良い。持久力も強化できている。気軽に訪れることができる場所なので、今後も利用していきたい」と語った。

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文1012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです