メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ・西日本豪雨被災地から

写真洗浄ボランティア・福井圭一さん(49) 思い出復元、諦めないで /長野

福井圭一さん

福井圭一(ふくい・けいいち)さん

 東日本大震災をきっかけに、被災した写真の洗浄・保存活動を始めた。昨年から岡山県倉敷市真備町地区に拠点を移し、任意団体「真備町写真洗浄@あらいぐま岡山」の顧問を務める。「片付けの大変なときに写真を諦める人が多いが、泥まみれでもカビていても救えることがある」と強調する。

 写真を残すために何よりも必要なのは乾かすこと。ぬれた状態が続くと、バクテリアが写真の表面部分を分解していき、画像が失われてしまうからだ。アルバムは、洗濯ばさみなどをページごとにはさんで開いて置く。卒業アルバムなどの印刷された物はページ間に紙を挟み、重しを乗せてページ…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 首相「一日も早く収束」 コロナ対応陳謝も 施政方針演説

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 視聴室 青のSP-学校内警察・嶋田隆平-

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです