メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ・西日本豪雨被災地から

写真洗浄ボランティア・福井圭一さん(49) 思い出復元、諦めないで /長野

福井圭一さん

 東日本大震災をきっかけに、被災した写真の洗浄・保存活動を始めた。昨年から岡山県倉敷市真備町地区に拠点を移し、任意団体「真備町写真洗浄@あらいぐま岡山」の顧問を務める。「片付けの大変なときに写真を諦める人が多いが、泥まみれでもカビていても救えることがある」と強調する。

 写真を残すために何よりも必要なのは乾かすこと。ぬれた状態が続くと、バクテリアが写真の表面部分を分解していき、画像が失われてしまうからだ。アルバムは、洗濯ばさみなどをページごとにはさんで開いて置く。卒業アルバムなどの印刷された物はページ間に紙を挟み、重しを乗せてページが波打つのを防ぐ。重なった写真は…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 休業や自粛要請「国が損失補償を」全国知事会が緊急提言

  2. 「俺コロナだけど」 ドラッグストアの業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  3. 欧州の分岐点 不安な時つぶやきたくなるメルケル語録ベスト5

  4. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  5. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです