メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外田中将大が8年ぶり楽天復帰 ヤンキースから

県青少年読書感想文コンクール 最優秀賞に公文さんら10人 優秀賞21点、優良賞30点 /高知

作品を読み比べる審査員=高知市の城東中で、井上大作撮影

 第65回県青少年読書感想文コンクール(県学校図書館協議会、県教育文化祭運営協議会、土佐教育研究会、毎日新聞高知支局主催)の県審査会が高知市江陽町の城東中であり、入賞者が決まった。小学校1万3580点、中学校9064点、高校7298点となる計2万9942点の応募があり、最優秀賞10点、優秀賞21点、優良賞30点、入選628点、学校賞10校、学校優良賞44校が選ばれた。最優秀賞10点は全国コンクールの中央審査に送られる。県表彰式は来年2月15日、高知市追手筋2のオーテピア高知図書館で開かれる。【井上大作】

 優良賞以上の受賞者は次の皆さん(かっこ内は校名と学年、敬称略)。最優秀賞の作品全文は来年1月から紙面で紹介します。

この記事は有料記事です。

残り976文字(全文1288文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  2. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  3. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです