メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証・ブレグジット決戦

/3 ホンダ撤退 地域に影

 ロンドンから電車で西へ1時間の町、スウィンドンに、ホンダの工場がある。ホンダにとって欧州唯一の四輪車生産拠点だが、同社は今年2月、2021年に撤退すると発表した。

 ホンダは工場閉鎖と英国の欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)とは関係がないと説明するが、従業員や地域住民はそうは受け止めていない。「ホンダが英国を去る大きな理由はブレグジットだ。EUとの貿易協定がある日本には英国は必要ではないんだ」。工場で25年間勤務してきたパディ・ブレナンさん(54)はため息をつく。

 ホンダは1989年にエンジン製造、92年に自動車生産を始めた。18年は乗用車「シビック」を16万台生産。大半は欧州向けの輸出だ。EU離脱となれば関税が発生し、物流が煩雑になるリスクも抱える。今年2月には日EUの経済連携協定(EPA)が発効し、26年には日本から直接輸出しても関税はかからなくなる。“英国飛ばし”の環境は整いつつある。

この記事は有料記事です。

残り1100文字(全文1505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この国に、女優・木内みどりがいた <21>DON’T FORGET FUKUSHIMA

  2. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです