メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ビジネスサロン

キリンビバレッジ・堀口英樹社長

 2019年の飲料の販売数量は18年の2億3120万箱を上回り、過去最高となる見通しだ。主力ブランド「午後の紅茶」「生茶」「ファイア」に経営資源を集中投下。健康ブームをとらえた新商品投入などでテコ入れした「無糖」飲料の販売は、11月末時点で前年比2割増えた。

 16年春から3年間、利益よりも販売数量を優先する「箱数主義」からの脱却を推進。新商品の乱発をやめ不採算のウオーターサーバー事業から撤…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 北海道知事が緊急事態宣言 「この週末は外出控えて」 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです