メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 「内定辞退率」顧客企業に行政指導=回答・鳴海崇

就活不利益に「厳罰」 個人データ乱用防ぐ

 なるほドリーマン君 学生が提供した個人データが、知らないうちに就職活動で不利になるよう使われていたんだって?

 記者 問題になったのは、就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリア(東京)が企業に販売していた、学生の内定辞退率の予測サービスですね。個人情報保護委員会は4日、契約先の全37社に対して行政指導しました。自社を志望する学生から情報を受け取る際、内定辞退率の算出に使うことを十分に周知しておらず、個人情報保護法に違反する恐れがあると認定したからです。キャリア社は2018年以降に約9万5000人分の内定辞退率を算出しましたが、2万6060人分は本人の同意がありませんでした。サービスは8月に廃止されました。

 Q 内定辞退率はどうやって出していたの?

この記事は有料記事です。

残り1034文字(全文1388文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです