メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海キャンパる・今ドキッ!?大学生

恋人いてもいなくても 恋愛をしない若者たち=寄稿・三宅朝子(臨床心理士)

「面倒」プロセスを軽視 ネットで満たす承認欲求

 恋愛しない若者が増えているという。臨床心理士の三宅朝子さんに、若者の恋愛離れについて寄稿してもらった。

     ◇

 最近の若者はあまり恋愛に興味がないという話をよく聞く。内閣府の2013年の「結婚・家族形成に関する調査報告書」によると、未婚の男女ともに、30代よりも20代の方が「恋人は欲しくない」とする人の割合が大きい。より若い年齢層に恋人を求めない傾向がうかがわれる。さらに「恋人を欲しいと思わない理由」を聞くと、「恋愛が面倒」が上位に=図。見過ごせない高率だ。

 「恋愛が面倒」とは、どのような心理状態から生じるのだろうか。今の若者は、生まれた時からネット環境や…

この記事は有料記事です。

残り1237文字(全文1544文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

  3. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  4. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

  5. 副業に励む医学部教授ら 国公立の15人に製薬マネー1000万円超 18年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです