メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海キャンパる・今ドキッ!?大学生

恋人いてもいなくても 恋愛をしない若者たち=寄稿・三宅朝子(臨床心理士)

「面倒」プロセスを軽視 ネットで満たす承認欲求

 恋愛しない若者が増えているという。臨床心理士の三宅朝子さんに、若者の恋愛離れについて寄稿してもらった。

     ◇

 最近の若者はあまり恋愛に興味がないという話をよく聞く。内閣府の2013年の「結婚・家族形成に関する調査報告書」によると、未婚の男女ともに、30代よりも20代の方が「恋人は欲しくない」とする人の割合が大きい。より若い年齢層に恋人を求めない傾向がうかがわれる。さらに「恋人を欲しいと思わない理由」を聞くと、「恋愛が面倒」が上位に=図。見過ごせない高率だ。

 「恋愛が面倒」とは、どのような心理状態から生じるのだろうか。今の若者は、生まれた時からネット環境や携帯電話がそばにある「デジタルネーティブ世代」。欲しい情報はすぐ手に入り、それが感覚的に染みこんでいる世代だ。彼らは人に尋ねて情報を得ることや、いろいろな文献を探すなど、手間のかかるプロセスを省きたがる。コスパ(コストパフォーマンス)第一主義、プロセス軽視の傾向があるように思われる。

この記事は有料記事です。

残り1095文字(全文1544文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

  5. 飼い主を待つ柴犬、買い物客に人気 写真撮影にもおとなしく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです