メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャパンライフ立ち入り先延ばし疑惑 「政治的圧力なかった」衛藤消費者相

衆院消費者問題特別委員会で安倍首相主催の「桜を見る会」にジャパンライフの幹部が招待されていたとされる問題について答える衛藤晟一消費者担当相=国会内で2019年11月26日、川田雅浩撮影

 衛藤晟一消費者担当相は6日の記者会見で、消費者庁が2014年に預託商法を展開していた「ジャパンライフ」(東京)に対する立ち入り検査を「政治的背景」を理由に先延ばししたとされる疑惑について「当時の関係者に確認したが、政治的圧力はなかった」と述べた。

 野党は「政治的背景」が考慮されたことを同庁の内部文書で確認した…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文392文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  5. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです