メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

記者会見で事務方からメモを受け取る菅義偉官房長官=首相官邸で2019年12月6日午前10時38分、北山夏帆撮影

 首相主催の「桜を見る会」について、6日の官房長官記者会見でも質問が相次いだ。この日は菅義偉長官の71歳の誕生日。抱負を問われ「やるべきことを一つ一つ丁寧にやっていきたい」と答えたが、大半の時間は桜を見る会に費やされた。質問に正面から答えず、記者から繰り返し尋ねられる場面が多かったからだ。主なやりとりは以下の通り。【統合デジタル取材センター/政治部】

 ――桜を見る会について。昨日の会見で、長官は国会議員からの資料要求は行政文書を前提にしていると説明した。一方で、森友学園問題では職員の手控えとされる資料が後に公表された例もある。この認識について改めて確認させてください。

この記事は有料記事です。

残り4649文字(全文4936文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです