メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立憲、国民と社民に合流呼びかけ 玉木氏「対等」な合併求める

 立憲民主党の枝野幸男代表は6日、統一会派を組む国民民主党の玉木雄一郎代表、社民党の又市征治党首、無所属の野田佳彦前首相らと国会内で会談し、立憲への合流を呼びかけた。玉木氏らは提案を持ち帰り、党内などで検討する考えを示した。枝野氏は来年1月召集の通常国会までの合流を目指す。ただ、立憲は党名や基本政策を堅持する方針で、原発政策などが異なる国民との合流協議は難航も予想される。【野間口陽、東久保逸夫、浜中慎哉】

 「立憲民主党と共に行動してほしい。政権を担いうる政党を築き、次期衆院選で政権交代を現実のものにしたい」。枝野氏は会談で、無所属議員も含めて合流を促した。実現すれば、衆院では約120人となり、安倍政権発足前の野党・自民党の119人と並ぶ。

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文920文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです