メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相、ジャパンライフ元会長と面識の可能性 父との面会時に同行

「桜を見る会」について、政府側に見解をただす野党議員ら=国会で2019年12月6日午後1時35分、江畑佳明撮影

 預託商法を展開した「ジャパンライフ」(東京)の山口隆祥元会長が、安倍晋三首相主催の「桜を見る会」に「首相枠」で招待されていた疑惑を巡り、首相と山口氏は35年前から面識があった可能性が浮上した。首相の父、故晋太郎元外相は1984年に米国で山口氏と面会しており、首相は外相秘書官として同行していた。

 立憲民主党や共産党など野党5党による桜…

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文377文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  2. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  3. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

  4. 安倍前首相「新薬で体調良好」 細田派パーティーに出席 辞任後初の公の場

  5. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです