特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

首相、ジャパンライフ元会長と面識の可能性 父との面会時に同行

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「桜を見る会」について、政府側に見解をただす野党議員ら=国会で2019年12月6日午後1時35分、江畑佳明撮影
「桜を見る会」について、政府側に見解をただす野党議員ら=国会で2019年12月6日午後1時35分、江畑佳明撮影

 預託商法を展開した「ジャパンライフ」(東京)の山口隆祥元会長が、安倍晋三首相主催の「桜を見る会」に「首相枠」で招待されていた疑惑を巡り、首相と山口氏は35年前から面識があった可能性が浮上した。首相の父、故晋太郎元外相は1984年に米国で山口氏と面会しており、首相は外相秘書官として同行していた。

 立憲民主党や共産党など野党5党による桜…

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文377文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集