メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

税調取材日記

自民税調会長の部屋から出てきたのは、楽天のあの人だった

5G基地局開設の認定書を受け取った後、報道陣の質問に答える楽天の三木谷浩史会長=東京都千代田区の総務省で2019年4月10日午後4時40分、山下浩一撮影

 11月26日の夕方、永田町の衆院第2議員会館。5階にある甘利明・自民党税調会長の部屋の前の廊下に、私を含め数人の記者が立っていた。帰宅する会長に少しでも話を聞こうと待ち始めて数十分たった頃、「がちゃ」とドアが開いた。声をかけようと近寄ると、体格のよいスーツ姿の男性が姿を現し、記者には目もくれず足早に去って行った。【深津誠】

 見覚えのある横顔--。「楽天の三木谷浩史会長では?」。税制改正論議が…

この記事は有料記事です。

残り1112文字(全文1310文字)

深津誠

2008年入社。大分支局、福島支局、社会部を経て、18年から経済部。銀行やフィンテック業界などを取材し、19年10月から財務省と内閣府を担当。0歳児の父親で、「保育園に落ちた」の当事者となり、税制や財政のあり方を身近に感じ始めた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この国に、女優・木内みどりがいた <21>DON’T FORGET FUKUSHIMA

  2. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです