メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パナソニック、中国で16年ぶり家電新工場 中間層拡大で高級品需要増見込む

パナソニック本社=大阪府門真市で、貝塚太一撮影

 パナソニックは6日、中国で家電の工場を16年ぶりに新設すると発表した。比較的裕福な世帯向けの高級調理家電の需要が現地で伸びると見込み、浙江省の嘉興市に約45億円を投じて工場を建設し、2021年に操業を始める。商品の企画・開発も現地で行い、需要動向に即応できる体制を整えたい考えだ。

 米中貿易戦争の影響で企業が生産拠点を中国から他国に移す動きが広がっている。しかし、パナソニックは中国経済が減速しても中間層の拡大で高…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう一度めぐみを…」 講演1400回、署名1300万超…声を力に訴え続け 横田滋さん死去

  2. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  3. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  4. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  5. 「9月入学」狂騒曲 首相「指示」で始まったが…文科省幹部「最初から無理だと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです