ベンチャー投資、法人税を軽減 自民税調概要固める

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党本部=東京都千代田区で2019年5月16日、曽根田和久撮影
自民党本部=東京都千代田区で2019年5月16日、曽根田和久撮影

 自民党税制調査会は6日、ベンチャー企業に投資した大企業や中小企業の法人税を軽減する新税制の概要を固めた。出資した企業の課税所得から、出資額の25%を控除する。大企業などに対し、現預金など内部留保の活用を促すのが狙い。公明党との調整を経て12日に取りまとめる予定の2020年度税制改正大綱に盛り込む。

 大企業(資本金1億円以上)は1件あたり1億円以上を、中小企業は1000万円以上を出資した場合が対象。出資を受けるベンチャ…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文528文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集