メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東大とソフトバンクがAI研究所 後発日本で孫氏「人材や資金回る仕組みを」

 ソフトバンクと東京大学は6日、人工知能(AI)の研究所を開設すると発表した。AIの基礎研究から健康医療や社会インフラ、工場などで活用する応用分野まで幅広い研究を行う。日本は米国や中国に比べるとAI分野で出遅れているが、AI投資に積極的なソフトバンクと東大が連携し、海外の研究者も呼び込むことで巻き返しを図りたい考えだ。

 新設する研究所の名称は「Beyond(ビヨンド)AI研究所」で、まずは2020年春ごろ、東大本郷キャンパス(東京都文京区)に基礎研究の拠点を設立する。応用研究の拠点はソフトバンクが新たに本社を移転する竹芝オフィス(東京都港区)に同年末ごろ設ける。海外を含めた研究者や企業に参加・協力を呼び掛ける。

この記事は有料記事です。

残り591文字(全文900文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  3. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  4. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです