長野県産ブドウとキノコが機能性表示食品に 「毎日グレープ」「長野県JA産えのきたけ」として発売へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
機能性表示食品となったナガノパープルとエノキタケをPRする阿部守一長野県知事(中央)=県庁で2019年11月12日午後4時0分、ガン・クリスティーナ撮影
機能性表示食品となったナガノパープルとエノキタケをPRする阿部守一長野県知事(中央)=県庁で2019年11月12日午後4時0分、ガン・クリスティーナ撮影

 長野県産のブドウ「ナガノパープル」とエノキタケが、血圧を下げる作用のあるGABA(ガンマアミノ酪酸)を含んでいる「機能性表示食品」として消費者庁に届け出て、受理された。県によると、生鮮食品でブドウとキノコの受理は全国初。

 県が開発した品種ナガノパープルは、巨峰とリザマートの交配で生まれた、種なしの…

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文342文字)

あわせて読みたい

注目の特集