メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昔話のように語り継がれる一日に 古里の農道で「花嫁行列」 三重・伊賀

祝福を受けて歩く新郎新婦=三重県伊賀市で2019年12月1日大西康裕撮影

 三重県伊賀市中馬野の集落や広瀬の畑沿いの道を「花嫁行列」が歩き、新郎新婦が沿道の人らから祝福された。東京出身の会社員、小花祥司さん(37)と地元出身の加菜さん(23)夫婦=神奈川県鎌倉市=が加菜さんの実家で羽織はかま、白無垢(むく)姿の装いを整え、加菜さんの親族ら約20人と歩いた。沿道からはナンテンの赤い実や白い豆が2人に向かって投げられ、紅白で門出を祝った。【大西康裕】

 地域で農家民泊など活性化に取り組む会社「七転八倒」(川北)が、花嫁行列をして古民家で挙式、披露宴をする「夢婚」を企画。夫婦は9月にハワイで挙式をしているが、加菜さんの地元でも、今月1日に夢婚をした。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  5. 特集ワイド コロナショック 感染拡大のスピード遅らせよ 政府専門家会議副座長・尾身茂氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです