メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桜島の火山活動予測へ探査 地下のマグマ解析 京大、東大、気象庁など

深さ40メートルの穴の中でダイナマイトを発破させる調査参加者ら。爆発と同時に地中から水が噴き出した=鹿児島市有村町で2019年12月5日午前0時7分、菅野蘭撮影

 鹿児島市の桜島で5日未明、地下にたまったマグマの位置や量を探る「火山体構造探査」があった。京都大防災研究所や東京大、気象庁など9研究機関による調査で、解析結果を来秋ごろまでにまとめ、今後の火山活動の予測につなげる。

 桜島では2009年から調査が始まり、今回は3年ぶり8回目。ダイナマイトを使って10地点で人工的に地震を起こし、地下のマグマに反射する地震波を約180台の地震計で観測・分析…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  4. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです