メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神奈川県庁サーバーに使用のハードディスク転売 納税記録など流出

神奈川県庁=横浜市中区で、山本明彦撮影

 神奈川県は6日、庁内で各部局の情報を蓄積するサーバーに使われていたハードディスク(HDD)がネットオークションサイトで転売され、内容が流出していたと発表した。県によると、サーバーはリース品で、HDDには個人の名前や住所を記した納税記録などの情報が保存されていたが、データ消去が不十分なまま中古品として販売されていた。データの消去や廃棄を請け負った専門業者の社員が転売への関与を認めているという。

 県によると、サーバーは富士通リース(東京都千代田区)からリースしていた。県はリース契約終了に伴い、…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文661文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  3. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです