メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海水浴中の聴覚障害者に「津波警報知らせる旗」検討 気象庁が基準作り

 海で遊泳中の聴覚障害者に津波警報や津波注意報の発令を「旗」で知らせようと、気象庁が基準作りに乗り出す。現在は音以外に全国一律の基準がなく、一部の海水浴場では独自に決めた旗を振って避難を呼び掛けており、統一を求める声が出ていた。今年度中に旗の色などを決め、来年夏までに関係省令の改正を目指す。

 気象庁は11月29日、横浜市金沢区の「海の公園」で、海に向けて旗で情報を伝える初の検証を実施した。ライフセーバー3人がさまざまな種類の旗を浜辺で振り、100~200メートル離れたボートに乗る聴覚障害者らにどれが見えやすいかを確認した。振られた旗は赤とオレンジの単色旗のほか、国際信号旗の一種で危険を意味するU旗や、津波の形をデザインした旗もあり、全部で11種類を比較した。

 気象業務法によると、津波警報などの気象警報や気象注意報は国土交通省の省令で定められた方式で伝達する…

この記事は有料記事です。

残り489文字(全文872文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 仙台ドン・キホーテに爆破予告 一時営業休止、買い物客ら避難 不審物見つからず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです