メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さっそく小泉氏もマイバッグ 環境、厚労の庁舎でレジ袋廃止

マイバッグを持参して買い物をした小泉進次郎環境相(左)と加藤勝信厚生労働相=東京都千代田区の中央合同庁舎5号館で2019年12月6日午後2時25分、岩崎歩撮影

 小泉進次郎環境相は6日、環境省と厚生労働省が入る中央合同庁舎5号館(東京・霞が関)内の店舗で、プラスチック製レジ袋の提供を6日からやめたと発表した。河野太郎防衛相も6日の記者会見で、来年1月20日から本省のある市ケ谷地区(東京都新宿区)のコンビニや弁当店など全店舗でレジ袋を廃止すると発表。プラごみ削減に向け、各省は職員らにマイバッグの利用を求める。

 政府は来年7月から全国すべての小売店を対象にプラ製レジ袋の原則有料化を義務付ける。環境省は、率先して取り組むことで消費者や小売店の理解を促したい考えだ。

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文565文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「時代は変わってしまった」香港民主派なすすべなく 運動抑え込まれ 周庭氏ら収監

  2. 安倍前首相「後援会強化し、支援者増やせ」 細田・麻生両派の若手議員に強調

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 政府、2030年代半ばにガソリン車新車販売禁止へ 欧米中の動きに対抗

  5. NTT東日本が投手戦制す 大竹7回無失点 日本新薬は反撃機生かせず 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです