メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

法隆寺の「兄弟瓦」 奈良・西安寺跡でも 文様が一致

法隆寺・若草伽藍跡から出土した瓦(上)と、西安寺跡で出土の瓦。文様や細かな傷が一致した=奈良県王寺町提供

 奈良県王寺町は6日、飛鳥時代に創建されたと伝わり、現存しない古代寺院・西安寺(さいあんじ)跡(同町舟戸2)で昨年見つかった瓦の破片2点の文様が、約3キロ北東にある世界遺産・法隆寺(同県斑鳩町、斑鳩寺)の遺構「若草伽藍(がらん)」で見つかったものと一致したと発表した。

 専門家によると、西安寺が法隆寺や法隆寺を創建した聖徳太子の一族「上宮王家」と関係があったことを示し、建立の経緯など謎が多い西安寺を知る手がかりともなる貴重な史料という。

 町によると、瓦は直径約16センチで「素弁蓮華文軒丸瓦(そべんれんげもんのきまるがわら)」と呼ばれ、…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

  5. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです