メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動き出した氷河期世代 経験語り、政策提言も つらさや問題意識共有

「氷河期ロスジェネかふぇ」で、自身の経験を語り合う参加者たち=東京都渋谷区で2019年11月30日、牧野宏美撮影

 政府が支援策を打ち出すなど、就職氷河期世代(おおむね1993~2004年新卒)に光が当たる中、当事者たちが自身の経験を語り合う場を持ったり、必要な支援を行政側に求めたりする動きが出ている。「就職できないのは自己責任」と言われ、これまで連携することが少なかった世代が、つらさや問題意識を共有し、声を上げ始めている。【牧野宏美/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2785文字(全文2961文字)

牧野宏美

2001年入社。広島支局、大阪社会部、東京社会部などを経て19年5月から統合デジタル取材センター。広島では平和報道、社会部では経済事件や裁判などを担当した。障害者や貧困の問題にも関心がある。温泉とミニシアター系の映画が好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  3. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです