メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

羽生、大技で巻き返しか 3大会ぶり奪還狙う ファイナル2位発進

 フィギュアスケートグランプリ(GP)ファイナルが5日(日本時間6日)、イタリア・トリノで開幕し、男子シングルで5度目のファイナル制覇を目指す羽生結弦(ANA)がショートプログラム(SP)97・43点で2位発進となった。

 ライバルのネーサン・チェン(米国)がSPで自己ベストとなる110・38点をたたき出した後、最終滑走者で登場した。「(チェンを)意識した」という中で、後半の連続ジャンプが単発となり「力が入りすぎた」と悔しさをにじませた。

 4回転―3回転のトーループの連続ジャンプは、この日午前の公式練習でも転倒。演技前の6分間練習でも最初に連続ジャンプを確認した。感覚に不安があったか問われると、「しっかり調整できていたとは思うが、本番に出し切れなかった」と振り返った。

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです