メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェン「満足」 SP自己ベストで首位発進 GPファイナル

男子SPで演技する米国のネーサン・チェン=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2019年12月5日、貝塚太一撮影

 フィギュアスケートグランプリ(GP)ファイナルが5日(日本時間6日)、イタリア・トリノで開幕し、男子シングルのショートプログラム(SP)は、大会2連覇中で昨季世界王者のネーサン・チェン(米国)が自己ベストを更新する110・38で首位発進した。フリーは7日に行われる。

 高く、鮮やかなジャンプだった。冒頭で跳んだのはアクセルに次いで高難度の4回転ルッツ。出来栄え点(GOE)で4・4…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文479文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

  2. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  3. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  4. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです