メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェン「満足」 SP自己ベストで首位発進 GPファイナル

男子SPで演技する米国のネーサン・チェン=イタリア・トリノのパラベラ競技場で2019年12月5日、貝塚太一撮影

 フィギュアスケートグランプリ(GP)ファイナルが5日(日本時間6日)、イタリア・トリノで開幕し、男子シングルのショートプログラム(SP)は、大会2連覇中で昨季世界王者のネーサン・チェン(米国)が自己ベストを更新する110・38で首位発進した。フリーは7日に行われる。

 高く、鮮やかなジャンプだった。冒頭で跳んだのはアクセルに次いで高難度の4回転ルッツ。出来栄え点(GOE)で4・4…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文479文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  3. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. 一斉休校は「科学より政治の悪い例」 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです