連載

eye

社会や政治、スポーツなど国内外の動きを、写真のレンズを通して見つめます。

連載一覧

eye

見つめ続ける・大震災 1人でつなぐ農業の輪 福島・南相馬、9回目の秋

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
9回目のトルコギキョウの出荷。かれんに咲く花に思わず顔もほころぶ=福島県南相馬市で2019年8月10日、梅村直承撮影
9回目のトルコギキョウの出荷。かれんに咲く花に思わず顔もほころぶ=福島県南相馬市で2019年8月10日、梅村直承撮影

 東日本大震災から2カ月がたった2011年5月。東京電力福島第1原発から約32キロの距離にある福島県南相馬市の田に、渡部三雄さん(60)は膝をついた。「放射能が入ってるのかな。目に見えないんだもんな」。土を握り、絞り出すようにつぶやいた。

 渡部さんは父から7ヘクタールの水田と70アールの畑を受け継いだ、4代続く専業農家。原発事故を受けて山形県で3週間避難生活を続けた後、自宅に戻った。ナスの苗3000本は枯れ、キャベツは虫食いで穴だらけだった。事故被害の全貌がつかめず、水田には水を張ることができない。カエルの鳴き声が聞こえない茶色い大地を前に、「四季でつながる、農家の作業の輪が途絶えた」と立ち尽くした。

 そんな時、全村避難をした福島県飯舘村の特産・トルコギキョウを育てないかと、声を掛けられた。切り花として、お盆に出荷する花だ。育てた経験はないが、津波で亡くなった人の供養にもなる。9000本の苗を譲り受けた。

 「咲くかな、咲くかなと毎日…

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文979文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集