メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

晴レルデ

おもい-つくる/26 愛と自由の遺伝子で

築山万里子さん=岩本浩伸さん撮影

 アサヒ精版印刷の先代社長、築山敬志朗さんが亡くなって、11月20日で1年を迎えた。「この1年はすごい早かった」と振り返るマリさん(築山万里子さん)はこの日、スタッフと会社の隣のカフェでランチ会をすることにした。

 先代の旅立ちについては、喪中はがきも出せず、取引先への通知もできていないので、年内にあいさつ文を出すことにした。マリさんとスタッフ9人の連名で、全員が何かデザインを作って載せることに決めた。

 さて、その文面は「A―gene press(エージーンプレス)」という新業態の発足を知らせるものだ。Aはアサヒ精版のA、geneは遺伝子で、「アサヒ精版の遺伝子」という意味になる。「先代の“自由で愛ある精神”を受け継ぎ、(中略)ユニークな創造性を表現し、感性と喜びを発信する場として、挑戦し続けてまいります」と続くが、具体的に何をしたいのかはこの一文だけではわからない。

この記事は有料記事です。

残り1013文字(全文1401文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです