メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土曜さろん

こちらネット相談室 「サブスク」サービス多岐化 解約忘れ、ズルズル課金に注意 無料期間や契約内容、確認を

無料体験期間の終了後、キャンセルを忘れ、課金されていたアプリ一覧が表示されたパソコン教室生徒のiPhoneの画面。すぐに解約の手続きがされた

 定額で使い放題のサービス「サブスクリプション(サブスク)」が広がる。音楽や動画配信などのITサービスから始まり、ラーメンや住宅まであらゆる分野で拡大し、何でもサブスク状態だ。しかし、「お試し期間無料」で始めたサービスが、期間を過ぎると、知らずに毎月、自動的に課金されるなど痛い目にあう人も多く、注意が必要だ。【高橋望】

 人気アイドルグループ「嵐」の全シングル楽曲65曲がサブスク配信、聴き放題となったのが11月。各方面でサブスク化は著しい。例えば、マンガやゲーム、おもちゃや子供服、コンタクトレンズや眼鏡、カメラや家電、車、英会話教室や美容室、婚活。居酒屋飲み放題や全国住み放題……。「所有から利用へ」の流れが全方面で進む。

この記事は有料記事です。

残り1072文字(全文1385文字)

高橋望

1991年入社。パソコン通信(NIFTY-Serve、PC-VAN~草の根アングラネットなど)からのネットワーカー。主にIT関係の記事-セキュリティ、面白ベンチャー・サービス、ガジェットなどなど-を書いてきました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. ORICON NEWS 夏菜、一般男性と結婚「心から彼を尊敬」[コメント全文]

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです