メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伝統行事「大根だき」 芯までほっこり 京都

お供えの大根を大鍋で炊き上げる「大根だき」=京都市上京区の千本釈迦堂で7日午前9時40分、川平愛撮影

 京都市上京区の千本釈迦堂(せんぼんしゃかどう)(大報恩寺)で7日、諸病封じの伝統行事「大根(だいこ)だき」が始まった=写真・川平愛撮影。「大雪(たいせつ)」のこの日は市内の気温が4.5度まで下がる中、参拝者らが湯気の立つ大根をほおばった。8日まで。

 鎌倉時代の住職、慈禅(じぜん)上人が、釈迦が悟り…

この記事は有料記事です。

残り113文字(全文263文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつDVD販売手助けの疑い バナー広告集めたサイトの運営者逮捕 4800万円稼ぐ

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  4. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

  5. 東京で新たに481人の感染確認 2日連続で400人超 重症者は6人増60人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです