メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東邦亜鉛排出スラグ 建設資材70カ所使用 49カ所で基準値超 /群馬

 金属メーカー「東邦亜鉛」が出荷した環境基準を上回る亜鉛やヒ素などを含んだ金属片「スラグ」が県内で建設資材として流通していた問題で、県は6日、県内での使用箇所が10月末現在の調査で70カ所に上ったと発表した。このうち49カ所の資材から基準を超過する有害物質を検出したという。県は健康被害の発生は考えにくいとしているが、使用箇所の管理者などを通じて注意喚起しているという。【西銘研志郎】

 9月発表の8月末時点での使用箇所は51カ所だった。今回はここから新たに19カ所が加わった。

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  2. 着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

  3. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  4. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  5. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです