立憲、野党合流呼びかけ 党名、政策堅持 協議難航か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 立憲民主党の枝野幸男代表は6日、統一会派を組む国民民主党の玉木雄一郎代表、社民党の又市征治党首、無所属の野田佳彦前首相らと国会内で会談し、立憲への合流を呼びかけた。玉木氏らは提案を持ち帰り、党内などで検討する考えを示した。枝野氏は来年1月召集の通常国会までの合流を目指す。ただ、立憲は党名や基本政策を堅持する方針で、原発政策などが異なる国民との合流協議は難航も予想される。【野間口陽、東久保逸夫、浜中慎哉】

 「立憲民主党と共に行動してほしい。政権を担いうる政党を築き、次期衆院選で政権交代を現実のものにしたい」。枝野氏は会談で、無所属議員も含めて合流を促した。実現すれば、衆院では約120人となり、安倍政権発足前の野党・自民党の119人と並ぶ。

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文900文字)

あわせて読みたい

注目の特集