メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証・ブレグジット決戦

/4止 注目小政党、失速ぎみ

EU残留を訴える自由民主党のスウィンソン党首=ロンドン・バタシー地区で2019年11月

 ブレグジット(英国の欧州連合=EU=からの離脱)の行方を占う今回の英総選挙では保守・労働の2大政党のほかに、EU残留を主張する自由民主党、離脱強硬派の新興政党「ブレグジット党」の動向も注目されている。

 「自民党政府(が樹立された場合)は政権スタート初日に離脱を撤回する」。ロンドン南部バタシー地区のホール。選挙戦開始直後の11月9日、自民党のスウィンソン党首が支持者らを前に気勢を上げると、拍手がしばらく鳴りやまなかった。

 中道でリベラル志向の自民党は中間層や知識層に一定の支持がある。離脱に突き進む保守党に対し、ライバル…

この記事は有料記事です。

残り1305文字(全文1567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  2. なぜ女性専用車両は必要か TV番組が炎上、「マナー」「トラブル」特集で

  3. ナイキの「厚底シューズ」禁止 世界陸連が新規則 英メディア報道

  4. 奈良の不明高1女子、大阪で保護 けがなし

  5. 奈良で不明の女子高生保護、誘拐容疑で姉ら男女3人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです