メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

温暖化防止へ一歩ずつ 省庁、進む脱レジ袋 環境・厚労・防衛 売店で取りやめ

マイバッグを持参して買い物をした小泉進次郎環境相(左)と加藤勝信厚生労働相=東京都千代田区の中央合同庁舎5号館で2019年12月6日、岩崎歩撮影

 小泉進次郎環境相は6日、環境省と厚生労働省が入る中央合同庁舎5号館(東京・霞が関)内の店舗で、プラスチック製レジ袋の提供を6日からやめたと発表した。河野太郎防衛相も6日の記者会見で、来年1月20日から本省のある市ケ谷地区(東京都新宿区)のコンビニや弁当店など全店舗でレジ袋を廃止すると発表。プラごみ削減に向け、各省は職員らにマイバッグの利用を求める。

 政府は来年7月から全国すべての小売店を対象にプラ製レジ袋の原則有料化を義務付ける。環境省は、率先して取り組むことで消費者や小売店の理解を促したい考えだ。

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文565文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 今週のNHK連続テレビ小説 おちょやん

  4. 日本銀行が国内株の最大保有者に浮上 時価45兆円 GPIFを抜いたか

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです