メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

COP25・脱炭素社会へ

「化石賞」受賞、環境相「残念」

 スペイン・マドリードで開催されている国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)で、地球温暖化対策に後ろ向きな国へ国際環境NGOが贈る「化石賞」に日本が選ばれた。これについて小泉進次郎環境相は6日、閣議後の記者会見で「(日本の受賞が)珍しくなくなっていることは残念。もう1回受賞することがあれば、私が授賞式に行って日本の取り組みを正確に発信したい」と述べた。

 日本が温室効果ガス排出量の多い石炭火力発電を基幹電源と位置づけていることなどに対し、COP25に参加するNGOなどからは批判が上がっている。さらに梶山弘志経済産業相が3日、「国内も含めて石炭火力発電、化石燃料を使う発電所は選択肢として残しておきたい」と閣議後記者会見で発言したことを受け、世界のNGOで作る「気候行動ネットワーク」は同日、化石賞に日本を選んだと発表した。

この記事は有料記事です。

残り113文字(全文484文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  5. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです