メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

距離単価6割減 ウーバーイーツ配達員組合が都労委に救済申し立てへ 

ウーバーイーツの仕組み

 普及が進む料理配達サービス「ウーバーイーツ」の配達員らが、運営側への不満を募らせている。11月に報酬体系が見直され、多くの配達員の収入が減少。配達員らが労働組合を通じ、団体交渉を求めているが、運営側は「労働組合法上の『労働者』に該当しない」として応じていない。来年にも東京都労働委員会に救済を申し立てる方針だ。インターネットを通じて短期・単発の仕事を請け負う「ギグワーカー」が自由な働き方として注目され、ウーバーイーツは国内では先駆け的な存在。労働環境をどう確保していくのかが問われている。【山口朋辰/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1467文字(全文1732文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです